医師が成す仕事が即ち医療行為と言う事です

医師が成す仕事が即ち医療行為と言う事です。
広い定義では医学がもたらす治療、療法、そして療養と言う事になります。
当然ですが言葉自体、医学は専門分野ですからその専門分野を事実上、行為とする場合には専門家になる必要があり、そのための資格が必要となります。
よって医学には免許が必要と言う事になり医師免許と言うのがあります。
この医師免許を取得して人の身体を診察出来ると言う事です。
そしてこの診察から医療行為と言う事になります。
目の前に身体に何等かの症状があり、その症状に対してどうすれば良いのかを医師からの診断を仰ぐのが患者様と言う事になります。
そしてその患者様は身体の何処か、外部でも内部でもその症状を医師に提示すると言う事になります。
医師は学んだ知識と技術からその症状を観察して診断する事になります。
そしてその診断の結果はすぐに分かる場合もあれば数日、それ以上の場合もあります。
もちろんですがその場では確実に判明しないと言う症状もありますが、時間を掛けて紐解いて行くのが今の医療です。